2016年09月30日

4つの展覧会


DSC08267.jpg


DSC08270.jpg


DSC08271.jpg


9月中に4つの展覧会に行ってきました。
どれも展示品は撮れないのでポスターだけになります。
まずは9月17日になんば高島屋で「星野道夫の旅展」を観ました。
アラスカの大自然や動物、エスキモーなどの写真展で、日本では
観られない雄大な風景の写真です。
写真家はヒグマに襲われて43歳で亡くなっています。
パンは高島屋のすぐそばのパン屋さんで買いました。

DSC08927.jpg


DSC08933.jpg


次は9月24日 大阪市歴史博物館で「真田丸展」です。
9時半の開館に合わせて母親を連れて行きました。
展示は肖像画、書簡、武具、刀など様々でしたが、個人的にはちょっと
面白みがなかったように感じました。

DSC08950.jpg


DSC08956.jpg


DSC08961.jpg


DSC08962.jpg


同じ日の午後からはひとりで神戸の美術館をふたつ巡りました。
ひとつめは香雪美術館で「中川一政展」です。
油絵、水彩、書、陶器など多彩な才能を思わせる展示でした。
美術館の隣は弓弦羽神社という神社で、最近は羽生結弦選手の活躍で
参拝者も増えたとそうです。

DSC08966.jpg


DSC08979.jpg


最期は横尾忠則現代美術館の「ヨコオマニアリスム展」です。
横尾忠則の作品は若いころから見かけることもあったので、知っている
作品もありましたが、独創的な画と色彩は観ていて飽きませんでした。

DSC08985.jpg


DSC08997.jpg


DSC08982.jpg




posted by ダークブルー at 23:57| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

一言主神社ふたたび


DSC08684.jpg


千早赤阪村から家に戻って、今度は母親を連れて一言主神社へ向かい
ました。
家を出たのが午後3時頃だったので、神社の駐車場に入ったのは4時
少し前になっていました。
駐車場は16時に閉めると書いてあるのに気が付いて、また車を出して
参道脇の木の間に停めました。
運転中は雨がかなり降っていたので車椅子で出るのは無理かなと思って
いましたが、到着したときは止んでいたので幸運でした。

DSC08690.jpg


DSC08701.jpg


DSC08713.jpg


参道の鳥居のあたりで彼岸花を背景に母親の写真をいくらか撮って
から、葛城山麓線の高架をくぐって神社とは反対側の田んぼの農道に
入りました。
前日は時間がなくて撮れなかった場所もあったし、今回は車椅子では
畝に入れないので、違ったところを歩いて違った風景が撮れたかなと
思います。

DSC08716.jpg


DSC08706.jpg


DSC08719.jpg


道路一本隔てたこちら側には、神社側の賑わいがうそのようにほとんど
誰もいなくて静かです。
葛城の山並みの上のほうが霞んでいました。
両側に稲穂が垂れる農道は4,50m先で行き止まりだったので、母親を
待たせてその辺を撮ってから、ときどき母親を撮りながら車に戻りました。

DSC08749.jpg


DSC08728.jpg


DSC08678.jpg




posted by ダークブルー at 21:36| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

千早赤阪村の棚田


DSC08669.jpg


九品寺から国道309号線で大阪へ山越えすると、大阪で唯一の村で
ある千早赤阪村へ入ります。
千早赤阪は棚田が有名で、棚田100選にも選ばれています。
一応展望台のようなところまで車で行けるのですが、中学校の中を
通って行くような道です。

DSC08625.jpg


DSC08631.jpg


DSC08636.jpg


ここまで来たら晴れ間が見えてきました。
駐車場は棚田を見下ろすような場所にありますが、止まっていたのは
農家の軽トラだけでした。
しかし、緑の美しい棚田は見えるものの彼岸花の赤は見えません。
少し歩いてみることにしました。

DSC08644.jpg


DSC08654.jpg


DSC08662.jpg


やはり彼岸花は少なく、記事のタイトルも「棚田」にしました。
稲はもう少しで刈り入れが始まるような感じで、すでに藁を干してある
田んぼもあります。
ほぼ人に会うこともなく車に戻ってきました。

DSC08617.jpg


DSC08622.jpg


DSC08667.jpg




posted by ダークブルー at 21:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

九品寺の彼岸花


DSC08554.jpg


9月19日 朝から友人と葛城市の九品寺に行きました。
当初は蕎麦の花を撮りに行こうと言っていたのですが、天気が悪くて
行先を変更しました。
この日も雨が降りそうで降らない天気でした。
着いたのは8時すぎでしたが、すでに車はたくさん停まり、彼岸花の
群生の場所には6,7人のカメラマンがいました。
彼岸花は見頃ですが、結構踏み倒されたものも目立ちました。

DSC08550.jpg


DSC08521.jpg


DSC08543.jpg


そこは前に遮るものもなく、遠くには大和三山も観ることができます。
コスモスも植えられていますが、ちらほら咲いているだけでした。
その辺を少し撮ってから九品寺の境内に入りました。
本堂の裏手の斜面にも彼岸花があったと思っていたので行ってみま
したが、多くはなくすでに傷みだしていました。
石段のあたりは紅葉で有名です。

DSC08566.jpg


DSC08573.jpg


DSC08598.jpg


もう一度下へ降りて、駐車場の周りや近くの棚田のほうへもウロウロ
歩いて撮ってきました。
最近はどこへ行っても獣除けの電流柵が張り巡らされ、写真を撮る
人たちにとってはちょっと気になるところですが、獣害に苦しむ農家の
方たちにとっては当然のことですね。
30分ほどで引き上げることにしました。

DSC08603.jpg


DSC08585.jpg


DSC08609.jpg




posted by ダークブルー at 19:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

一言主神社の彼岸花


DSC08452.jpg


明日香から大阪へ戻る前に葛城市の一言主神社に寄りました。
一言主神社周辺は彼岸花の季節にはたくさんの人が訪れます。
葛城山麓線から側道を降りて道路をくぐると一言主神社の参道になり、
突き当りが神社ですが、この参道の両側の田んぼの畝を赤い彼岸花が
縁取ります。
参道の途中に神社の駐車場がありますが、そこへ行くまでの両側にも
びっしりと止まっていました。

DSC08464.jpg


DSC08441.jpg


DSC08451.jpg


明日香を出るときは強い雨が降り出していましたが、ここへ着いたときは
雨も止んで傘はささずにすみました。
長靴を持ってきていたので明日香でも履いていましたが、ここは畝を
歩くので絶対必要です。
しっとりと濡れた赤と緑がきれいでした。
小さな鳥居があって、その辺から田んぼの畝に入りました。
そこからだと神社の建物は小さく見えるだけです。

DSC08514.jpg


DSC08476.jpg


DSC08494.jpg


遠くには山の影が霞んでいました。
畝はドロドロで滑りそうです。
奥へ行くほどに上りになるので風景は変わっていきました。
たくさんのカメラマンがいらっしゃったので、すれ違うときは気をつけなけ
ればなりません。
適当なところで戻って、わずか30分ほどいただけでした。

DSC08493.jpg


DSC08499.jpg


DSC08517.jpg




posted by ダークブルー at 20:44| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする