2017年09月03日

バベル展


DSC00594.jpg


8月26日 夕方から中之島の国立国際美術館の「バベル展」に行って
きました。
地下鉄肥後橋駅から西に10分ほど歩いて橋を渡ったところに美術館や
大阪市立科学館があります。
美術館は地下にあって、地上には金属パイプを組み合わせたガラス
張りのオブジェのようなものしか見えません。

DSC00240.jpg


DSC00239.jpg


DSC00234.jpg


バベル展に入る人は多かったのですが、中は混雑するほどではありま
せんでした。
展覧会の最初にあったのは聖人の木彫で、ちょっと意外でしたが彫りは
細かくて美しいものでした。
壁に掛けるようにでもなっているのか、背後は平らになっています。
そのあとは1500年前後のオランダの絵画が並びますが、どれもヒビや
剥がれもない美しいものばかりで、500年前のものとは思えません。
艶々していて陶板画かと思えるようなものでした。

DSC00221.jpg


DSC00224.jpg


DSC00227.jpg


この展覧会で注目はヒエロニムス・ボスとピーテル・ブリューゲルの画で
じっくり細部まで観ていくと、ちょっと奇想な、奇怪なものが描かれています。
きっと観るたびに、「こんなところにこんなものがという描かれていたのか」
という新しい発見がありそうで、飽きないような気がします。
さて、メインの「バベルの塔」は最後に展示されていましたが、間近で観る
には2,30分並ばないといけませんでした。
縦横60cmくらいの案外小さな画ですが、雲を突き抜ける塔は壮大で
この絵の中に1400人もの人たちが描かれているそうです。
展覧会のあと中之島ウェストを少し歩いてみました。

DSC00602.jpg


DSC00605.jpg


DSC00610.jpg





posted by ダークブルー at 15:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください