2017年11月23日

水鏡と峠


DSC05852.jpg


室生寺からの帰りは国道へ向かう道を戻らず、仏隆寺へ抜ける山道に
入りました。
道は室生寺から山の方へ登って行って、入り口には動物が通れない
ようにするためのゲートがあります。
ゲートは通ったあと、しっかりと閉めないといけません。
それほど広くはない道路の両側は雑草や森で、上り坂です。
ハイカーのような4人の家族連れに会っただけで車も通りません。

DSC05805.jpg


DSC05813.jpg


DSC05820.jpg


しばらく走ると右カーブの左側に池がありました。
入り口には柵がされて立ち入り禁止になっていますが、水面に映る
景色は水鏡になっていました。
外から撮るのは手前の雑草や枝が邪魔で無理そうだったので、仕方なく
先に進もうとしたら横道に気がつきました。
車を脇に止めて歩いて行くと、すぐに池が見える場所がありました。
ちょうど夕方の陽が向こう側の山に当たって空もきれいでした。
そのあたりはイノシシの足跡が大量にくっきりついているので注意です。

DSC05834.jpg




DSC05902.jpg


DSC05912.jpg


しばらく撮ってから再び坂を上って行くと峠を、越えたところで視界が
開けました。
周辺の山は紅葉していて、正面には山々の重なりがパノラマです。
斜面には、色づいた集落が陽射しを浴びて鮮やかに見えています。
陽は傾いていたので真正面に太陽がありました。
素晴らしい風景だったので、違う時間帯も観てみたいと思い、機会が
あれば通ってみようかと思っています。
その時は名前もわからない池と峠でしたが、後日宇陀市のHPで峠の
名前だけは「唐戸峠」だと知りました。

DSC05918.jpg


DSC05950.jpg


DSC05960.jpg





posted by ダークブルー at 19:57| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

室生寺の紅葉


DSC05778.jpg


正暦寺を出てから妹家に所用があったので宇陀へ向かいました。
鳥見山公園に寄りましたが通行止めだったので、妹家で用事を済ませて
から室生寺へ行くことにしました。
紅葉はどうかなと思いながらでしたが、ちょうど見頃でした。
しかし、門を入ると工事のパーテーションが並んで何とも無粋な風景、
入り口周辺の改修工事でした。

DSC05610.jpg


DSC05740.jpg


DSC05693.jpg


工事のため、門は上の部分しか撮りませんでした。
門へ向かわずに、まず左手の護摩堂や本坊があるほうへ入ります。
実はこちら側は空いているのにとても紅葉がきれいなところです。
様々な色が混ざり合うグラデーションが美しい風景でした。
ひとしきり撮ってから、門をくぐります。
門の回りも鮮やかに色づいていて、お茶の席も設けられていました。

DSC05688.jpg


DSC05662.jpg


DSC05678.jpg


長い石段を登ったところの金堂や、さらにもう一段上の本堂のあたりは
紅葉がきれいでした。
混雑はしませんが、かなりたくさんの参拝客が来ていました。
本堂前でしばらく撮ってから、もう一度護摩堂のほうで撮りました。
工事さえなければ、ちょうど良い時期に訪ねられたかと思います。
室生からの帰りは山を越えて仏隆寺へ抜けることにしました。

DSC05711.jpg


DSC05742.jpg


DSC05628.jpg





posted by ダークブルー at 22:17| 大阪 ☔| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

正暦寺の紅葉


DSC05336.jpg


11月12日 この日は奈良へ行ってきました。
朝一番は奈良市の郊外にある正暦寺です。
正暦寺は奈良市の中心部からは南東方向の山の中にあります。
天理方面へ向かう道路から山間の狭い道に入ってから2kmくらい
走ると、突き当りが寺です。
駐車場に着いたのは8時半頃で、門前の紅葉を撮影しながら9時の
開門を待つつもりでした。

DSC05417.jpg


DSC05390.jpg


DSC05414.jpg


寺の周辺には石垣を組んだ台地のような場所がたくさんあって、たぶん
昔は塔頭寺院が建っていたのではないかと思います。
門前にある台地の上にも真っ赤な紅葉と黄色くなった銀杏が並びます。
その銀杏の前の川向うにある白壁の建物が福寿院客殿です。
現在公開されているのは福寿院客殿と本堂ですが、本堂はさらに奥の
坂を上ったところにあります。
急な石段を上がって行くと山の中腹に本堂や鐘楼があります。

DSC05499.jpg


DSC05517.jpg


DSC05525.jpg


本堂の右手の真っ赤な紅葉の木の向こうに小さな池があるので、いつも
そこで水鏡の姿を撮ります。
本堂の左手には石垣を組んだ台地のような場所がいくつかあるので
往時はそこにも堂塔が建っていたのだと思われますが、そのあたりの
色づきも美しいものでした。
しばらく撮ってから福寿院客殿に入りました。
向かいの山の紅葉を借景にした庭園を見ることができます。
正暦寺の紅葉は奈良でも屈指の美しさだと思いますが、それほど人も
多くはないのでお勧めだと思います。

DSC05541.jpg


DSC05549.jpg


DSC05592.jpg





posted by ダークブルー at 23:14| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

永観堂の紅葉


DSC05106.jpg


小学生たちの列を離れるとすぐに永観堂隣接の幼稚園へ入る南門が
現れますが、中はすでに美しい紅葉でした。
その門の向こうに総門があり、長い参道に入ります。
参道右手の白壁の上からは紅葉が溢れるようでした。
拝観受付はまだ開いていませんが、すでに30人以上の列ができて
いました。
拝観は9時からでしたが、それを待たずに受付が始まりました。

DSC04754.jpg


DSC04899.jpg


DSC04903.jpg


一見したところ列の中にカメラマンらしき姿はほとんどありませんでした。
とりあえず境内に入ったら撮影スポットの池に架かる橋まで急ぎ足で
行きましたが、すでに一人の女性が撮っていらしゃいました。
女性は画になったので一枚撮らせていただきました。
池の周りは様々な色が混ざり合って本当に美しい風景でした。
その時はまだ雲が多かったのですが、境内にいるうちに3,4度同じ
場所で撮ったので、晴れた写真は11時頃のものです。

DSC04918.jpg


DSC04977.jpg


DSC05089.jpg


気象サイトの予報通りに時間が経つにつれて晴れてきました。
池の周りをうろついているうちに境内はもの凄い人出になってました。
それでも池だけは人の姿を入れずに撮影することができます。
何度シャッターを切っても、飽きることのない美しい景色でした。
本当に良いときに行けたと思います。

DSC05115.jpg


DSC05158.jpg


DSC04951.jpg


DSC04757.jpg





posted by ダークブルー at 19:23| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

南禅寺の紅葉


DSC04595.jpg


11月11日 京都へ行ってきました。
この日は用事があったので、南禅寺、永観堂、真如堂だけ回ってから
早めに帰るつもりでした。
朝一番の電車に乗りましたが、南禅寺に着いたのは7時半頃でした。
実は前日夜に気象サイトで雲の量を見ていましたが、午前9時頃には
雲が切れて晴れているのではないかと希望を持っていました。

DSC04602.jpg


DSC04608.jpg


DSC04613.jpg


永観堂の開門は9時なので、それまで南禅寺を撮っていました。
雲の隙間から一部だけ青空が覗いていましたが、ほとんど雲でした。
南禅寺の紅葉はよく色づいている木があるものの、全体的にはまだ
緑の葉が目立つので少し早そうでした。
山門横の天授庵も紅葉が有名ですが、美しい紅葉が門や塀から溢れる
ようにはみ出しています。

DSC04624.jpg


DSC04654.jpg


DSC04660.jpg


山門から法堂、水路閣、本坊前と歩いて、法堂の裏手の誰もいない
ところで撮っていました。
陽が射して来て法堂の壁が金色に輝いています。
8時半を回っていたので、そろそろ永観堂に向かうことにしました。
南禅寺と永観堂の間には学校があって、ちょうど模擬試験の日だった
ようで、小学生の親子連れの列に入ってしまいました。

DSC04668.jpg


DSC04684.jpg


DSC04699.jpg





posted by ダークブルー at 22:03| 大阪 ☀| Comment(0) | 旅日記 | 更新情報をチェックする